【Atom】Markdownで書けないテーブル縦横結合をTextileでリアルタイムプレビューさせる方法

textile-previewのリアルタイムプレビューのアニメーション

ブログや手順書などの文章を書くときは、手軽に書けるMarkdown記法をよく利用しています。Markdownは簡単なテーブル(表)の表現はできますが、そのセルの縦や横の結合という凝った表現はできません。

代わりにTextile記法を使うことでテーブルのセル結合を表現することができ、ブラウザやAtomで文章を書きながらリアルタイムプレビューを表示できます。

ふとした時にテーブルを用いて頭の中を整理したりするのに役立っています。

私の環境は以下の通りです。

環境 バージョン
MacOS 10.13.2
Atom 1.23.3
textile-preview 0.1.2
language-textile 0.2.0

Textile記法とは?

Markdownと同様、軽量マークアップ言語の一つで、テキスト形式で書いた文書からHTMLを生成することができる記法です。

textileの基本的な記法は、以下のRedmineのドキュメントで解説されています。

また、textile記法のリファレンスはこちらから閲覧できます。

TextileをMarkdownの代わりに使う理由

普段はMarkdownで事足りていますが、テーブルのセルを結合して見やすくしたい場合に、以下の理由で「Textile」を用いています。

  • Markdownでは書けないテーブルの縦と横のセルの結合を表現できるため。
  • テキストデータのみでテーブルを表現できるため。(テーブルのセル結合はExcelなどの表計算ソフトでも可能だが、ボタン操作が面倒で、それらの独自形式のデータとして保存されてしまう。)
  • Markdownと同様にテキストデータのみで保存されるため、容量が小さく、編集や差分の比較が容易で、それをHTMLに変換できたりと便利に扱えるため。

Textile記法を使うと、例えば以下のようにテーブルの縦方向と横方向のセル結合を表現できます。

Textileでテーブルのセルの縦横結合

TextileはMarkdownと比較して表現できる幅が広く、Markdownで表現できるものはTextileでも大抵表現できます

その他、Markdownとの違いはこちらのページで詳しく比較されています。

「Textile」をリアルタイムプレビューする2つの方法

以下の2つの方法があります。

  1. [オンライン] ブラウザで「Textile live web editor」にアクセスする
  2. [オフライン] Atomに「textile-preview」を導入する

2つの方法のメリット・デメリット

方法 メリット デメリット
1. ・環境構築不要で即プレビュー表示可能
・Textile -> HTMLの変換が可能
・プレビュー時にインターネット接続が必要
2. ・オフラインでプレビュー使用可能
・Textile記法をハイライト表示可能
・初回の環境構築が必要

使用するTextile記法の例文

今回は例として、以下をsample.textileとして保存した文章を使用します。

h1. MarkdownとTextileの比較

|_=/2. 記法|_=\3. 特徴|
|_. 機能の豊富さ|_. 読みやすさ|_. 学習の簡単さ|
|_. Markdown|△|%{color: red}○%|%{color: red}○%|
|_. Textile|%{color: red}○%|△|△|

---

h2. 文字の修飾

* *太字*
* _斜体_

# +下線+
## -取消線-
## ??引用??
### @等幅Fontで表示@
# "リンク":http://example.com/

1. [オンライン] ブラウザで「Textile live web editor」にアクセスする方法

以下のページにアクセスします。

前述したsample.textileの文章をコピーして、右側の[Preview]タブを選択した状態で貼り付けると、以下のようにリアルタイムプレビューが表示されます。

オンラインでTextileのリアルタイムプレビュー

さらに右側の[HTML Output]タブを選択すると、Textile形式をHTMLに変換したコードが表示されます。

Textile記法の/2\3がそれぞれstyle属性のrowspan=“2”colspan=“3”を用いて結合セルとして表現されていることが分かります。

オンラインでTextileをhtmlに変換

2. [オフライン] Atomに「textile-preview」を導入する方法

以下の2つをAtomにインストールして利用します。

「textile-preview」をインストールする

メニューバーの[Atom] > [Preferences…]を選択します。

Atomのメニューバーの[Preferences...]

左カラムの[+Install]タブを選択して、検索欄に「textile-preview」と入力して、表示された[Install]ボタンを押します。

Atomにtextile-previewをインストール

プレビューをコマンドパレットから起動する

次に、前述したsample.textileファイルを開いた状態で、Shift + Command + pを押します。(もしくはメニューバーの[Packages] > [Command Palette] > [Toggle]を選択します。)

そして以下のように表示された入力欄に「textile」と入力すると、「Textile Preview: Toggle」が候補として表示されるので、それを選択します。

Atomのコマンドパレットで「textile」入力

すると、プレビュー画面が表示されます。

textile-previewでtextile記法をリアルタイムプレビュー

プレビューをショートカットキーから起動する

上記の方法ではプレビューを表示するまでの操作が多く毎回は面倒なので、ショートカットキーを設定します。

メニューバーの[Atom] > [Keymap…]を選択します。

Atomのメニューバーの[Keymap...]

表示されたkeymap.csonに、以下のコードを貼り付けて保存します。

'atom-text-editor':
  'ctrl-shift-t': 'textile-preview:toggle'

Atomのkeymap.csonでtextileプレビュー起動のショートカットキー設定

そして、前述したsample.textileファイルを開いた状態でCtrl + Shift + tを押すと、Textileのプレビューが表示されるようになります。

ちなみに、AtomはデフォルトでCtrl + Shift + mを押すとMarkdownのプレビューが表示されます。

「language-textile」でテキストをハイライト表示する

以上でリアルタイムプレビューを簡単に表示させることが可能になりましたが、language-textileを使用すると、Textile記法で書かれた文章をシンタックスハイライトさせて、見やすくできます。

先ほどと同様に、Atomの設定画面の[+Install]で、「language-textile」を検索してインストールします。

Atomにlanguage-textileをインストール

すると「*.textile」ファイルの予約語が着色し、ハイライト表示されます。

language-textileで「*.textile」ファイルをハイライト表示

ここまでの作業を完了すると、冒頭のGIFアニメーションで示した使い方ができるようになります。

まとめ

ブラウザまたはAtomで、テーブルの縦と横のセル結合をTextile記法で書いて、それをリアルタイムプレビューさせる手順をまとめました。

最終的にHTMLの出力が欲しい場合は、今回紹介したオンラインの「Textile live web editor」でTextile記法の文章をHTMLに変換して、それをMarkdown記法の文章に貼り付ければ、双方の記法の長所である「表現の幅の広さ」と「読みやすさ」を同時に享受できそうです。

これからはTextile記法にも慣れて、テキストでより多くの表現を書けるようになりたいです。