【Mac】Atomエディタの挙動が変でアンインストールしたら動いた

Atomエディタのダウンロードページ

コードを書く時はAtomエディタを使うことが多いのですが、最近メニューバーからファイルも開けないし、どのバージョン使ってたか調べようにもメニューバーの[Atom] > [About Atom]をたどっても何も反応無いしで、挙動がおかしくなっていました。

何がきっかけなのか不明でしたが、とりあえずMacからAtomをアンインストールして再インストールすることにしました。

Atom.appファイルを消す

まずアプリケーションディレクトリにある「Atom.app」だけを消してから公式からダウンロードしたファイルで再インストールしてみました。しかし、これだけでは症状が改善しませんでした。

恐らく違う場所に古い設定が残っていて、それが悪さをしているようです。

Atomの関連ファイルを消す

以下の情報を参考にMacの色んな場所に散らばっているAtomの関連ファイルを削除することで解決しました。

I have downloaded and tried Atom - very nice. Now that I’ve satisfied my curiosity, I’d like to completely remove it from my Mac. It seems that it has installe...
$ rm -rf ~/.atom
$ rm -rf /usr/local/bin/atom
$ rm -rf /usr/local/bin/apm
$ rm -rf /Applications/Atom.app
$ rm -rf ~/Library/Preferences/com.github.atom.plist
$ rm -rf ~/Library/Application\ Support/com.github.atom.ShipIt
$ rm -rf ~/Library/Application\ Support/Atom
$ rm -rf ~/Library/Saved\ Application\ State/com.github.atom.savedState
$ rm -rf ~/Library/Caches/com.github.atom
$ rm -rf ~/Library/Caches/com.github.atom.Shipit
$ rm -rf ~/Library/Caches/Atom

Atomの使い方によっては全てのファイルが存在する訳では無いと思いますが、存在するファイルに対して上記のコマンドで削除してからAtomを再インストールしたら、想定通りの挙動をするようになりました。

まとめ

Atomのアンインストールに関連したファイルをまとめました。

不要になったソフトウェアのゴミが知らない場所に残るのは嫌なので、uninstallerを作るか、もっと分かりやすいアンインストールの仕方になるようにして欲しい。